ナスタチウムが元気








ナスタチウム には キンレンカ  ノウゼンハレン  ペルークレソン という別名があります

16世紀のスペインの探検家によって ペルーから種子が広まり

16世紀後半には 食用 薬用の目的でヨーロッパにもたらせれ

園芸植物としても広まったそうです

日本のは19世紀半ばに渡来しました

花がノウゼンカズラのようで 葉が蓮ににているので ノウゼンハレンと名が付いたそうです







画像





画像





画像





画像





画像





画像





画像





画像








隣でビオラも良い感じです





画像







ニゲラのドライ 個性的な趣が好きです






画像





画像





画像

この記事へのコメント

  • トトパパ

    こんにちは。

    ナスタチウムですか。
    綺麗な色ですね。
    色んな別名があるんですね。
    2019年04月17日 09:37
  • emi

    トトパパさん おはようございます
    人の生活の役にたってきたお花なので
    色んな地方で親しまれ 名前も多いのでしょうか
    沢山のお花を付けるので
    華やかさで 楽しませてくれるのも良いですね
    2019年04月18日 06:37

この記事へのトラックバック